Service 空調設備の保守・点検

  • HOME
  • 業務案内
  • 空調設備の保守・点検

空調設備の保守点検を行うメリット

保守契約の一番のメリットは、故障する前に不具合を早期に発見出来ます。
空調設備はトラブルが発生すると、原因の究明や修理に時間がかかる場合があります。その為、普段から点検・整備を行い、トラブルを未然に防ぐことが大切です。そのトラブルを未然に防ぐことにより、設備全体の寿命は伸び、常に省エネの部分でのアドバイスもさせていただきますので、経済的な面でも効果が得られます。
保守点検契約していただいた場合、緊急を要する対応についてもスムーズに行い契約内容次第では緊急対応分や消耗品代の金額も盛り込んだ契約にすることも可能です。

メリット1
不具合の早期発見
メリット2
安全性の向上
メリット3
設備全体の寿命が伸び、経済的な面でも効果が得られる
メリット4
緊急を要する要件にスムーズに対応

空調機器保守点検項目

エアコン点検整備業務仕様書

  • 本体設置状況、基礎、防振架台、吊具の異常の有無
  • ファン本体点検
    (汚れ、錆腐食、変形、損傷、異音、振動)
    給油型軸受けのグリース注入
  • 電動機の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、異音、振動、過熱)
  • 各プーリーの点検及び芯だし確認、調整
    (汚れ、錆腐食、損傷、磨耗)
  • Vベルト点検及び張り調整
    (磨耗、劣化、亀裂)
  • エアーフィルター汚れ、破損、取り付け状態確認
    汚れ状態により洗浄、清掃
  • 熱交換器の点検
    (汚れ、錆腐食、ガス漏れ、損傷)
  • ドレン板、ドレン配管の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、保温状態、内部詰まり)
    汚れ状態により清掃
  • 各ダンパーの点検
    (作動確認、錆腐食)
  • ダクト、キャンバスの点検
    (汚れ、錆腐食、漏れ、変形)
  • 冷媒配管ガス漏れの有無
  • 保温材の点検
    (破損、損傷、劣化)
  • サーモスタットの点検
    (圧縮機の発停確認、破損、損傷、劣化)
  • 電気回路(配線)の点検
    (動力、操作回路絶縁測定・電線劣化、汚れ、変色・端子の緩み)
  • 運転データ測定
    (各電流・各部温度(冷媒回路)、圧力、計器付属箇所)
  • その他付属機器点検
    (電気集塵機、電気ヒーター、全熱交換機、加湿器等)

空気調和機点検業務仕様書

  • 本体設置状況、基礎、防振架台、吊具の異常の有無
  • ファン本体点検
    (汚れ、錆腐食、変形、損傷、異音、振動)
    給油型軸受けのグリース注入
  • 電動機の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、異音、振動、過熱)
  • 各プーリーの点検及び芯だし確認、調整
    (汚れ、錆腐食、損傷、磨耗)
  • Vベルト点検及び張り調整
    (磨耗、劣化、亀裂)
  • エアーフィルター汚れ、破損、取り付け状態確認
    汚れ状態により洗浄、清掃
  • エリミネーター汚れ、破損、取り付け状態確認
  • 熱交換器の点検
    (汚れ、錆腐食、漏れ、内部詰まり)
  • ドレン板、ドレン配管の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、保温状態、内部詰まり)
    汚れ状態により清掃
  • 各ダンパーの点検
    (作動確認、錆腐食)
  • ダクト、キャンバスの点検
    (汚れ、錆腐食、漏れ、変形)
  • 配管、バルブ、温度計、圧力計の点検
    (漏れ、内部詰まり、破損、損傷)
  • 保温材の点検
    (破損、損傷、劣化)
  • サーモスタット、電動弁の点検
    (作動確認、破損、損傷、劣化、漏れ)
  • 電気回路(配線)の点検
    (動力、操作回路絶縁測定・電線劣化、汚れ、変色・端子の緩み)
  • 運転データ測定
    (電流・冷温水温度、圧力・空気吸込み、吹出し温度等、計器付属箇所)
  • その他付属機器点検
    (電気集塵機、電気ヒーター、全熱交換機、加湿器等)

送風機点検整備業務仕様書

  • 本体設置状況、基礎、防振架台、吊具の異常の有無
  • ファン本体点検
    (汚れ、錆腐食、変形、損傷、異音、振動)
    給油型軸受けのグリース注入
  • 電動機の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、異音、振動、過熱)
  • 各プーリーの点検及び芯だし確認、調整
    (汚れ、錆腐食、損傷、磨耗)
  • Vベルト点検及び張り調整
    (磨耗、劣化、亀裂)
  • エアーフィルター汚れ、破損、取り付け状態確認
    汚れ状態により洗浄、清掃
  • 各ダンパーの点検
    (作動確認、錆腐食)
  • ダクト、キャンバスの点検
    (汚れ、錆腐食、漏れ、変形)
  • 電気回路(配線)の点検
    (動力、操作回路絶縁測定・電線劣化、汚れ、変色・端子の緩み)
  • 運転データ測定
    (電流、計器付属箇所)
  • その他付属機器点検

ポンプ点検整備業務仕様書

  • 本体設置状況、基礎、防振架台、吊具の異常の有無
  • ポンプの点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、異音、振動、過熱)
  • 電動機の点検
    (汚れ、錆腐食、損傷、異音、振動、過熱)
  • カップリングの点検及び芯だし確認、調整
    (汚れ、錆腐食、損傷、磨耗、振動)
  • カップリングゴムの点検
    (劣化、磨耗、亀裂)
  • グランドパッキンの点検、調整
    (劣化、磨耗、漏れ)
  • バルブの点検
    (作動確認、錆腐食)
  • 配管の点検
    (錆腐食、漏れ、変形、吊具)
  • 電気回路(配線)の点検
    (動力、操作回路絶縁測定・電線劣化、汚れ、変色・端子の緩み)
  • 運転データ測定
    (電流、温度、圧力、計器付属箇所)
  • その他付属機器点検

ガスヒートポンプエアコン(GHP)
点検整備業務仕様書

  • 本体設置状況、基礎、防振架台、吊具の異常の有無
  • エンジンの状態
    (異常音、振動、オイル漏れ等)
  • 排気の状態
    (漏れ、異臭等)
  • 点火コイル、プラグの状態
    (劣化、損傷等)
  • 各種フィルターの状態(オイルエレメント、エアエレメント)
    (汚れ、劣化等)
  • 各種ベルトの状態(コンプレッサー、タイミングベルト)
    (磨耗、劣化、亀裂)
  • エンジンオイルの状態
    (劣化、汚れ、漏れ等)
  • 冷却水系統の点検
    (漏れ、冷却水量、ラジエーター等)
  • 冷却水ポンプの点検
    (漏れ、異常音等)
  • 燃料系統の点検
    (漏れ、電磁弁の作動、燃料配管等の状態)
  • 排気ドレンの状態
    (中和されているか、ドレンフィルター、ドレンホース等)
  • コンプレッサー(冷媒ガス系統)の点検
    (異常音、漏れ、劣化、冷媒配管等)
  • 電気回路(配線)の点検
    (動力、操作回路絶縁測定・電線劣化、汚れ、変色・端子の緩み)
  • 運転データ測定
    (各電流・各部温度(冷媒回路)、圧力、計器付属箇所)
  • その他付属機器点検

空調設備の保守点検 事例

事例1エアコン保守点検

事例1 エアコン保守点検

事例1 エアコン保守点検

エアコン保守点検は通常年間2回(冷・暖房時)に行います。
冷・暖房時にパーツが正常に作動しているか?運転データは正常か?などを目視や専用の点検器具を使い専用のチェックリストを用いて報告書にまとめて結果を提出いたします。
また平成27年度より施行されましたフロン排出抑制法に基づく点検及び報告書作成の部分もお手伝いいたします。

事例2空調設備保守点検

事例2 空調設備保守点検

事例2 空調設備保守点検

エアコン以外で建物内の空気を循環する為などに使われている送風機、
大きな建物全体を空調する為の大型の空調設備も年間2回程度の点検を行います。
エアコンと違いVベルトやベアリング等の摩耗・劣化による異音・振動などの不具合を早期発見しトラブルを未然に防ぐことが可能になります。

PAGE TOP

Copyright (C) 2016 seibukutyo Co., Ltd. All Rights Reserved.